金運が読める占い師 沙和

2013.08.20

配達のお兄さんにみる皆様にとってもプラスの印星の効用

先日、アマゾンの荷物を配達中の

若い男の人とエレベータをご一緒したのですが

優しすぎて驚きました。

 

 

まずはレディーファースト。

 

 

私が奥に入ると

手前の方がクーラーの風が

そよいでいて涼しいので

前へどうぞ…と。

 

 

 

一分も経たない間に

ちょっとした気遣いで

こんなに印象に残る人になる…とは。

 

 

まさに「徳の人」ですね。

 

 

 

 

四柱推命の通変星は

5種類あります。

 

比・食・財・官・印。

 

 

 

比⇒比肩、劫財

自分のわがまま好き放題に生きる。

(恐竜の時代?)

 

 

食⇒食神、傷官

自分の才能を発揮し

「食べること」中心に生きる。

(狩猟生活、農耕民族)

 

 

 

財⇒正財、偏財

人と活発に交流しお金を稼ぐ。

(貨幣の流通、貿易の発達)

 

 

 

官⇒正官、偏官

自分自身やまわりを戒め

肩書を得る。

(政治、会社の成り立ち)

 

 

 

印⇒印綬、偏印

徳を積み名誉を得る。

(ボランティア、宗教、先生業)

 

 

 

 

人としての情を活かし

徳の積む星は

通変星の順番では

一番最後に現れます。

 

 

 

 

 

自分の好きなことをして

自分を満たして生きることよりも

(比劫星、食傷星)

 

お金を稼いで目立つことよりも

格好をつけて肩書を得ることよりも

(財星、官星)

 

まわりの人にやさしく

感謝されて生きることが

(印星=徳を積む)

 

 

実は一番、まわりも幸せで

後々の自分にとっても

一番プラスなのではないかと

 

 

 

通変星の順番を見ていて

いつも思います。

 

お金を稼ぐときも、どんなときも

徳を意識したいですね。

 

みんながどうしたら

幸せになるか。a1380_001281