金運が読める占い師 沙和

2013.08.26

徹底的に疑い考える(偏印、偏官)のは吉か凶か

沙和です。

こんばんは。

 

 

私は昔から

常にどんなことに

対しても

「なんで?」「どうして?」

と疑問を持つたちで

 

 

よく塾の先生にも

「質問」→「疑問」→「質問」→「疑問」

の繰り返しをしていました(^^ゞ

 

 

お答えを戴くのですが

また、その中で疑問に思うことが出てくるんです。

 

 

「もう、面倒くさいなぁ~

あんたは、哲学者になったら良いよ」

 

 

そう言われていたのですが……

 

 

 

今になっても

常に物事をいろいろこねくり回して

考えてしまいます。

 

 

「この星がこうだから、こうなのか」とか

 

人間観察が好きなので

「この人が今、こういう行動をとるのは

背景にはこういうことがあるのではないか」

とか。

 

 

考えすぎてぐったりするときがあり

そういう時はヨガなどをしたりもします。

 12

常に考えているので

切符をどこにしまったか

わからなくなったりもします。

 

 

 

異常です(^^ゞ

 

 

そういうときは

あえて考えないで「ぼぉ~」っと

一点をみて頭の中を空にします。

 

 

 

物事を考えすぎるのは

「偏印」という星を持って

生まれてきたためです。

 

 

印星は知識教養、考えることが大好きです。

そこに「偏」がつく。

頑なに考えすぎる。

 

 

では、それは良いことなのか

悪いことなのか?

 

 

大運が良いときは

頑なに考えても「吉」なんです。

 

良くないときは

あまり良くありません。

 

 

気持ちがどんどん沈んでいきます。

(経験済み(^^ゞ)

 

鬱になりかけたこともあります。

 

 

巡ってくる運気(大運)によって

星の活かし方、殺し方があるので

それを心掛けると

よりスマートに生きれるのでは

ないかと思います。

a1380_000098