金運が読める占い師 沙和

「金運財布」を作るパーフェクト30Steps☆

【金運財布☆30Steps】Step2

こんにちは。
金運こそが愛と豊かさのカギ
四柱推命・金運が読める占い師☆沙和です。

 

一昨日開講した
eラーニングで学ぶ!
「金運財布」を作るパーフェクト30Steps☆
ですが・・・

 

「Step1 第一章:中身の整え方<1>お札の向きと場所」
のレッスン、いかがでしたでしょうか?

 

すぐに実行していただけることなので、
ぜひ講義動画を見たら「即実践」してくださいね。

 

日々の小さな行動の積み重ねが
2ヶ月後の金運アップに
大きな影響を及ぼします。

 

では・・・
「Step2 第一章:中身の整え方<2>おき金」
を始めます。

 

まずはこちらの動画をご覧ください。

◆Step2 第一章:中身の整え方<2>置き金

今日は「置き金」について
お伝えいたしますね。

 

一般的にシンプルな長財布は
4つ、お札を入れるところがあるのですが

 

上座の奥の奥に「奥き金」スペースを
作ってください。

 

そこに、使いそうなお金や
入り切れなかったお金を入れておきましょう。

 

「置き金」は一万円札を
(もしくは千円札でも構いません)
10枚~30枚くらい用意します。

 

「置き金」をお財布に入れて
豊かな自分を感じながら
セルフイメージを上げていきましょう。 

 

ちなみに、「置金」というのは
お財布をおろす前から
入れておいた方が良いと言われております。

 

お財布にそれくらい入っているのが
当たり前だと、思わせるのです。

 

ですので、新しくお財布を
お買い求めになられた場合は

 

降ろす前に、30枚ほど
もしくは、自分にふさわしい枚数を
入れて、寝かしておいてください。

 

置金の目安は
お財布の値段の1~3倍が
ふさわしいです。

 

1万円札がふさわしいのですが
千円札でも構いません。 

 

ボリュームがある厚さになるよう
心がけ、使わずにずっと置金にするよう
決意してください。

 

この「置き金」というのは
お財布の肥やしにもなります。

 

「財」をうまく扱うには
自分自身を心身共に強くなる
必要がございます。

 

四柱推命でも専門用語で
「身弱多財」というのが
あるのですが

 

「身弱多財」の方は
自分自身が弱い為
誘惑やうわべだけの私利私欲に負け
あちこち動き回り
財に翻弄されて生きていかれます。

 

「お財布」を通し
あなた自身もお金に対して
身の補強をしていただき・・・

 

より豊かになるお金の使い方が
できるようになっていただきたいと
思っております。

 

◆Step3のおさらい

○置き金は、お財布の上座へ。
○置き金は、使わない

では、2日後の「Step2」をお楽しみに!

沙和

▼ご質問はこちらから!

お問い合せ・ご予約